東海大学受験生情報サイト東海大学受験生情報サイト

デジタルパンフレットライブラリー
資料請求

学生生活サポート・キャンパスライフ

学習環境面のサポート

キャンパスライフエンジン*

学生専用サイト『キャンパスライフエンジン』では、自宅のパソコンやスマートフォン・携帯電話で以下のような情報を確認できます。
・大学から自分宛への連絡
・大学から全体へのお知らせ(例:奨学金募集説明会の案内)
・自分が履修している授業に関わる連絡
・休講・補講連絡(例:自然災害発生時や鉄道運休による休講・補講情報)
また、保護者もこのサイトで成績や出席状況を確認することが可能です。

※2021年5月現在の名称です

指導教員/オフィス・アワー

『指導教員』を学科・年次別に数名ずつ置き、勉学や学生生活上のさまざまな問題についての相談に対し、指導やアドバイスを行う体制を敷いています。
また『オフィス・アワー』では原則予約不要で、指導教員を中心とした教員に、自分の力だけでは解決できない悩みなどを直接相談することができます。相談に応じる際には、学生一人ひとりの履修状況や学びの課題が記録された『学生支援システム』を用いて指導・支援を行っており、学科・担当部署が協力して全面的にサポートします。

学生サポート

東海大学では2022年度の全学的な学部の改組改編にあわせ、キャンパスライフをサポートする事務組織も新しくなります。各校舎のカレッジオフィス、湘南校舎のステューデントアチーブメントセンターおよびキャンパスサポートセンターなどが連携し、学生のさまざまな悩みやトラブルに経験豊かなスタッフが対応します。

キャンパスライフ キャンパスライフ

生活環境面のサポート

健康推進室

全校舎に『健康推進室』を設置。ここでは医師、保健師、カウンセラーなどの専門スタッフが対応しており、学生定期健康診断の実施と事後フォロー、けがや体調不良に対する応急処置、人間関係などの悩み相談に応じています。
※校舎によって、スタッフの職種は異なります

学生健康保険互助組合

入学時点で全員が医療費を相互扶助することを目的として設立された「学生健康保険互助組合」に入会します。
これは、病気やけがをしたときの医療費(保険診療自己負担分)が、学生本人の申請により組合から給付されるものです。
※一般医療保険適用範囲の疾病一般が対象となります。歯科診療、美容整形、交通事故は給付対象外です
※給付額は1か月当たり通院・入院各4万円以内、年間限度額は48万円です

アパート紹介

一人暮らしをする学生が安心して契約できるように、比較的安く、環境の良いアパートを紹介しています。また入学予定者に対しては、大学ホームページでの物件紹介、相談会の開設などを行っています。
※ 時期、方法は校舎によって異なります

後援会

後援会とは、大学と家庭を結ぶ保護者の組織です。全国都道府県および台湾を含め51地区に地区後援会が設置されており、秋には各地区で総会を開催する予定です。またご子女の成績や就職、海外派遣留学など学生生活全般について指導教員によるリモート個別面談も予定しています。

〈保護者の声と相談内容〉

生活は?

帰省時に、子どもは大学のことをあまり話しません。個別面談で成績や出席状況、大学生活について聞くことができ安心しました。

就職は?

来年は就職活動なので、子どもにどう対応したらいいか相談しました。

学修は?

GPAや留学など大学の制度が分かり、親子に共通の話題ができました。

ほかの学生生活サポートや
クラブ&サークルなどについても
見てみよう。